(C) 美子宮BodyMakeSalon LUNA+plus 

  • Facebook 山藤喜久美
  • 美子宮ボディメイクスタジオ☆Luna+plus

冷えが引き起こす怖い症状

女性に多い冷えですが、女性は脂肪が多いこともあり、これが冷え性を招いている恐れがあります。
しかし、単に手足が冷えていると言うだけではなく、将来、怖い病気を引き起こす予兆なのかもしれません。

では、冷えが慢性化している状態(冷え性)でいると、どのような怖い症状を引き起こすと思います?

●自律神経が乱れる
冷え性が慢性化すると、自律神経も乱れてきて、様々な症状を引き起こします。
だるさや疲労感、頭痛等もあり、そのまま放置してしまうと、最悪の場合、うつ病を発症する恐れもあります。
お風呂に入って、湯船に浸かり、しっかりと汗をかいて、基礎代謝を上げることで、徐々に改善されてきます。

 

 

●婦人科系の病気になりやすい
冷え症は女性に多いことからも女性特有の病気になりやすく、独身女性の場合は、生理不順や生理痛で苦しめられます。
これは、冷えから来ていることが多く、体が冷えることで、子宮等の女性器官の機能が低下し、サイクルを狂わせるからです。
人によっては、生理痛が重くて、ベッドから起きることが出来ず、仕事も学校も休んでしまう人もいます。
まずは、カラダを温めて、痛みを緩和してあげる必要があります。

 

●免疫力の低下
冷えていると言うことは、体温が低いと言うことです。
温度が低い状態は、免疫力が
低下し、様々なウイルスを増殖させてしまう恐れがあります。
ウイルスによっては、生命を
維持するのが困難な程の大病を引き起こす原因になるので、単なる冷え性と侮ってはいけないですね。
根本的な原因を知り、しっかりと改善していくことをお勧めします。



●消化器系への負担
カラダが冷えると、様々な器官の機能が低下するのですが、その中でも、消化器系は、とくに働かなくなっていきます。
胃が作動しなければ、きちんと消化されずに、肌に影響が出てしまい、ニキビや吹き出物等の肌荒れを起こしますし、腸が上手く作動しなければ、便秘や下痢を起こしやすく、過敏性大腸炎を発症する可能性もあります。
そのまま放置を続けると、益々悪化して、胃がんや大腸がんになることも考えられるのです。